笑って食べて旅して

中央区Workerが綴る、食と旅行の徒然

心の闇と病み


恐いタイトルで、申し訳ありません。

20171030130745b4c.jpg


同年代の友人が、今の会社に入って初めて心を病む人を見た。現代はやっぱり多いんだねぇなんて話をしてたので、ちょっと驚いてね。
私の周りは、結構そういう方多いし。前職場でもゴロゴロいたし、古くからの友人でもそういう人が多いのでね。それって、類友で私の中にそういう病み要素があるから、無意識でそういう人が集まるのかしらと思ってた。
(注:もちろんそうじゃない友人もいます。↑の友人もそうだし)

ただ、病みと闇はちょっと違うよね?
私の要素は病みというより、闇なんじゃないのとか思った。うまく説明できないけど、病んでる要素より自分の中に暗い闇があって底が見えないような心象風景。

中学の通知表で「ドライで批判的な性格」と評されたことがあるけれど、闇から物を見る時があって、その時の私は触っただけで切れるナイフですよ(笑)
親しくなったら情が深いのだけど、その分ナイフのえぐり方もえげつないのです。

年を経て、だいぶ丸くなったので、闇に落ちることは減ったし隠す術も覚えたけど。時々ニュースとか聞いてると出ちゃうときもあるけど、他人様に見せてる闇部分なんてほんの一部。実物見たら、みんなドン引きだろうね…(ぞっ

子供の頃からそういう要素を持っていたせいでしょうね。父は私の事を結婚出来なそうと思ってたらしい(笑)
当たりましたよ、お父さん!


スポンサーサイト
  1. 2017/11/05(日) 10:10:10|
  2. affairs
  3. | コメント:0

電子書籍


読書家ではないが、本を読むのは子供の頃から好きだった。

大人になって読む量はぐっと減ったけど、1ヵ月に10冊弱読んでる。
ただ、当たり前だけど本の趣味は偏っていて、推理小説(最近の作家さんは知らんけど)、ノンフィクション(近現代ものが好き)、ビーえる(←面倒な広告対策で、実際はアルファベット表記ですね)、時代小説、伝記(と言っても宮尾登美子さんとかですが)、旅、手芸本なんかを読んでいます。
ビーえるは読むけど、全く腐ってはいません。芸能人とかで想像とかもしませんよ(笑)

どういう趣味だよと言われるカテゴリですが、まぁ本と異性の趣味なんて人それぞれよね。


図書館でも借りるけど、返しに行くのも面倒だし、読みたい本が無いことも多くて。
だったら、電子書籍の読み放題とかどうかなぁと思ってちょっと調べた。

オトナの事情なのか分からないけど、「雑誌」の読み放題はそれなりに選択肢があるけれど、多岐にわたるジャンルの書籍が読み放題となると選択肢はぐっと狭くなる。

最もメジャーであろう、amazonだと980円/月で読み放題。
Yahoo!ブックストアだと400円/月で読み放題。
本の品揃え的にはamazonの圧勝で、yahooでは小説はかなり少なそう。私はそれほど最新書籍に興味があるわけではないけれど、小説の品ぞろえが(私にとっては)致命的に少ない。

他にはKDDIでも提供しているらしいのだが、au会員限定なので私には無関係。
小説・ノンフィクションも読みたい私としてはこの2社というか、amazon一択しかなさそう。
クチコミ見ると、小説の品揃えに若干不安を感じるのだけど。アプリを入れて、お試ししてみない事には分からない。

正直amazonとはあまりお付き合いしたくないのだが…初回30日間は無料ということなので、一回試そうかなぁと思う。


ちなみに「Prime Reading」と「Kindle Unlimited」のサービスがあって、普段amazonは全く利用しないし、書籍が読みたいだけの私には「Kindle Unlimited」がいいかなぁと。
「Prime Reading」はプライム会員向けのオマケ?のサービスのようですが、閲覧可能な書籍数が少ないみたい。

ということで、いつになるか分かりませんが。もし始めたらまた感想書きたいです。
もしくは既に利用してる方がいたら、小説等の品揃えを教えてほしいです。

  1. 2017/10/15(日) 22:22:22|
  2. affairs
  3. | コメント:0

人見知り



「私、人見知りなんで…」って、言ったことありますか?

私はあります。実際、初対面の人と話すのは今も苦手です。
ただ、ある程度の年齢いってもまだ「私…」というのはすごく恥ずかしいなぁと思うようになりました。
自分でこういうこと言うのって、そのつもりがあるかどうかは別としても相手に『私は人見知りなんで、その点ご承知おきくださいね』と自分の欠点、クセを飲み込むように強要してることになるなぁと思って。

言われた方は、この人は人見知りだから仕方ない、と『仕方ない』という一定の理解を示さなければいけないわけですよね。
それって、傲慢じゃない?

若くて経験値も少なく、失敗もしてしまう年代ならまだしも、30も越えて何を寝言言ってんだよと思うようになりました。

例えその場限りだったとしても、出来るだけ乗り切れるように気を遣える、遣う努力はしたいなと。
まぁ、努力はしてても実際に相手が不愉快もしくは楽しくないと思ってる場合も多々あると思うんですけどね。

私は美味しいものを食べるのが大好きなので、その繋がりで友人の友人と会ったりする機会も多い。ついでに、自分の友人を紹介したりもします。
でも、「人見知り…」って自分で言っちゃう人は結局そこから広がらないので、また次も会いましょうってならない。同じメンバーで集まってても、その人には自然と声かけなくなるよね。そうすると出会いが狭まるよなぁっ思う。


「人見知り…」って言いつつも、実際はフレンドリーでどこが人見知り?って言う人もいて(笑)
努力しているのか、本当は全然人見知りじゃないのか、私とウマが合うからなのか分かりませんが、そういう人とは付き合いも続きます。
私も出来るだけ努力していこうと思う次第です。まぁ、趣味思考が偏ってるのでなかなか会話広げるのが難しいですけどね。

20171010125913660.jpg

  1. 2017/10/13(金) 22:22:22|
  2. affairs
  3. | コメント:0

助けあいできるのか

前ブログの頃書いていましたが、約10年前に子宮筋腫の手術をしました。


で、いつの間にか再発~。大きくなっちゃった。

街の婦人科では面倒見切れない(そこまでの言いかたされてないけど)ので、かつてお世話になった某大学病院にまた行こうとしています。

このことが判明した時、めちゃくちゃ落ち込みました。
なんで落ち込んだのか分析できないほどに激凹み。
何で今更?いつまで筋腫と付き合うの?また手術?それで治るの?悪性だったらどうしよう?ガンになっていたら?親を悲しませてしまうなど…

そんな私のむちゃくちゃな気分と愚痴と涙を受け止めてくれた友人に感謝しています。
聞いてくれるだけで、いてくれるだけでガタガタになった気持ちが少し落ち着いたし、ぐちゃぐちゃだったものが深呼吸しなくちゃと思えるくらいに回復しました。

こうやって、私を助けてくれる友人たち。
私は少しは返せてるのかな。
いつもいつもお世話になりっぱなしな気がするよ。

だから、友人には直接返せなくても、電車で席譲ることくらいはしようと思うよ。(小さいお返しだな・・・)

20170704180531501.jpg




  1. 2017/07/05(水) 12:12:12|
  2. affairs
  3. | コメント:0

人間の本質は変わらない

先日乳がんで亡くなった元アナウンサーの方が、生前BBCに寄せた手記ですごく心を打たれた。

要約すると、
もし自分が亡くなったら、人は自分をかわいそうと言うだろうか。
まだ若いのに、小さいお子さんを遺して…と。
しかし、34年の人生で病気と闘ったのはごくわずかの年月であり、それまで私は懸命に生きやりたい事をやり、愛する人と出会い、かわいい子供を授かった。
決して可哀そうな人生ではないのだ。

という内容。
そうだよね、最後の数年だけにスポットを当ててないで、彼女の幸せに生きた時間の方がずっとずっと長いわけでさ。
本当素敵な女性だなって思った。

これからは、安らかに眠るようお祈りします。





だがしかし。
旦那はどうしても芝居にしか見えなくて・・・いや、舞台の最中にあのような会見の場を設けることは立派だと思う。
思うけど。
1年後くらいには、彼女との事をドラマ化してそう。
3年後くらいには、再婚してそう。

そう見てしまう。
と思ったら、周りの女性陣も同じような事を思ってた。(似た者同士の集まりだから?)

人間の本質というのは変わらないもの。
最近強くそう思うことがちょいちょいあって、今回もそんな目で彼を見ているのでした。





  1. 2017/06/26(月) 12:12:12|
  2. affairs
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

8-8

Author:8-8
中央区Workerが綴る、食と旅行と落語と時々お出かけの備忘録
仕事も一生懸命やるけども!
遊びはもっと一生懸命!






◆notice◆
こちらのブログは、私の趣味と記憶の記録のための個人的ブログです。
ブログ生活を個人的に楽しんでる方にご覧いただき、旅や食のお役に立てればうれしいと思って書いております。

それ以外の目的(アフィリエイト目的やアダルト系、その他私が判断するもの)の方には、何の役にもたたないブログです。

そういった方々からの、コメント、トラバ、ブロとものご申請はお応えしておりません。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

2010 London (28)
2010 Dubai (16)
2010 Seoul in Apr (14)
2010 Seoul in Aug (5)
2010 Seoul in Dec (9)
2011 Seoul in Feb (8)
2011 Seoul in Jul (7)
2011 Russia (19)
2011 Korea in Dec (5)
2012 Bangkok (3)
2012 Taiwan (14)
2013 Taiwan (3)
2013 Malaysia (5)
2014 Taiwan (4)
2015 Poland(&Copenhagen) (3)
2017 Helsinki&Baltic States (9)
2010 Domestic (2)
2011 Domestic (13)
2012 Domestic (6)
2013 Domestic (10)
2014 Domestic (2)
Travel etc (43)
タベタ@ソト (55)
タベタ@ウチ (12)
エンタメ@ソト (26)
エンタメ@ウチ (8)
affairs (40)
notice (6)
phots (8)
knitting&sewing (6)
未分類 (7)
旅先便利帳 (0)
2017 Domestic (10)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

写真レイヤー

タグ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する